賃貸探しの秘訣 物件を探し始めるタイミング

遮光カーテンの必要性に関して

自分が良いと思っていてものが、実際には問題を生んでいる事に気づくこことがあります。
最初は自分自身でもそれを気に行って選んだものであったのに、あとあとよく考えてみると、それが不要であることにきづくのです。
もしくは、それが自分にとっては不都合なものであることに思い至るのです。
賃貸物件を探しているときにも同じことが起こりえます。
賃貸物件を探すときには、ます不動産会社さんを訪ねて部屋探しを手伝ってもらいます。
探し始めるときには希望条件を頭に描いている事でしょう。
そして、それに基づいて探していきます。
たとえば、人によっては日差しを重視します。
昼間の日差しが大切だと考えて南向きのお部屋を選ぶ方も多いでしょう。
朝の目覚めを重視して東向きのお部屋にしようと思う人もいます。
朝は東側から太陽が昇るので、東向きのお部屋には朝の太陽の光が注ぎこみます。
問題が起きうるのは、自分の生活のリズムと部屋の向きが一致していない場合です。
たとえば、ある人たちは太陽が昇るよりも早い時間に出勤します。
始発に近いまだ早朝の電車で出勤します。
そうすると、東向きのお部屋に住んでいても、平日は部屋の中ではその日差しを見ることは出来ないでしょう。
太陽光が差し込むよりも前に会社に出かけているからです。
では、週末の仕事の休みの日はどうでしょうか。
平日の仕事の疲れが出るので、なるべくゆっくり寝ていたいという方も多いでしょう。
この場合、東向きのお部屋に住んでいると、ゆっくり寝ていたい日であっても、朝になればカーテン越しに太陽の光が入ってきます。
もっと寝ていようと思っても、太陽の光に促されて起きることになります。
このようなときには遮光カーテンの使用を考えることが出来るでしょう。
これを使えば、東向きのお部屋であっても、太陽の光が週末の睡眠を邪魔する事態を避けることが出来るでしょう。
そうすることで太陽光を入れることも、入れないことも選べるようになります。