賃貸探しの秘訣 物件を探し始めるタイミング

共益費と管理費について

アパート、マンションの賃貸物件を借りる場合に、家賃とは別にかかってくるのが、管理費、共益費です。
いったい管理費、共益費とは、何でしょうか。
何のために支払われるものなのでしょうか。
これは、マンション、アパートの共用部分の管理維持のためにかかるお金のことです。
そのためエレベーターがついているマンションや管理人さんがいる物件ならなら、管理費、共益費が高めに設定されるでしょう。
そうでない場合でも共用部分の廊下や階段に、照明がついていればその電気代がかかりますし、球切れになれば、交換する必要もあります。
またマンション、アパートの階段や廊下の清掃も必要になってくるでしょう。
また駐輪場やゴミ捨て場がついている物件なら、その場所の照明や設備の維持なども費用がかかるでしょう。
管理費、共益費はそういった、諸々の費用を負担するためのお金です。
つまり支払われる先は大家さんです。
大家さんとしては、共用部分について毎月どれくらい出費があるかは、その月によってばらつきがあるでしょう。
場合によっては、管理費、共益費を毎月支払っているけれども、共用の廊下も、階段も特別掃除されていないし、照明もずっと切れたままだ、というケースもあるでしょう。
そこで疑問なのが、どちらにせよ、すべて大家さんにわたるお金なのに、家賃と共益費、管理費を分けて表示するのはどうしてなのでしょうか。
例えば、家賃7万円のアパートがあるとします。
これを家賃7万円と表示されていると、家賃68,000円(共益費2,000円)と表示されるのではどう違うでしょうか。
合計金額は同じですが、家賃が安く表示されているので、なんとなく共益費と分けて表示されているとお得な感じがするかもしれません。
ほぼ錯覚ですが。
またネットで賃貸物件を検索するときに、家賃の幅で検索する方がほとんどですから、少しでも家賃を安くうたっている方が検索にかかりやすいというのが、一つ考えられるかもしれません。