賃貸探しの秘訣 物件を探し始めるタイミング

敷金礼金0円の物件について

引っ越しには、なんといってもお金がかかります。
状況ゆえに、しょうがなく引っ越しをする場合には、引っ越しに関連してかかるもろもろの費用は本当に頭の痛い点です。
そのようなときに、敷金、礼金0円とうたわれている物件はとてもお得に感じてしまうのではないでしょうか。
例えば月8万円の家賃の家で、普通なら、敷金2ヶ月分+礼金2ヶ月で32万円かかるのが、0円になるのです。
32万円もお得です。
とてつもなくお得に感じてしまうのではないでしょうか。
ところでなぜ敷金と礼金が0円という物件が存在するのでしょうか。
借りる側からすれば、お得に感じる話ですが、大家さんからしたら32万も損をしていることになります。
普通に考えてもあまり嬉しい話ではないはずです。
貸主である大家さんの立場で考えてみるとどうでしょう。
例えば月8万円のある賃貸物件に5カ月借り手がつかないとします。
そうすると本来借り手がついていれば、その間40万収入が見込めていたはずです。
大家さんから見れば、だれも入居者がいないで、空室のまま時間がたつということは、それだけで非常な損失になります。
とりわけ新築物件でもなく、駅からも近くなく、人気物件でもない場合、もしかしたら数ヶ月借り手がつかない可能性は大きくなります。
それならば、敷金、礼金をなしにしても入居者に入ってほしいと思うかもしれません。
ところでもともと敷金は、入居者が家賃を滞納した場合にあてがわれるほかに、入居者が退出時に、補修が必要になった場合の修繕費、また退去後の清掃にあてられるお金です。
そして余った分が、元入居者に返却されます。
その敷金が0円で入居した場合、退去時の修繕費はどうなるのでしょうか。
入居者に実費で請求されるのでしょうか。
それとも、敷金と記載されていないだけで、他の名目で入居時に請求されるのでしょうか。
また退去後の清掃に必要な費用は、誰が負担するのでしょうか。
入居時にその点は、クリアにしておいた方がよいでしょう。