賃貸探しの秘訣 物件を探し始めるタイミング

礼金とは何か

これから実家をでて一人暮らしをする人、転勤で別の都市に引っ越しをする人、新しく気分を一新したくて思い切って引っ越しをする人、部屋が手狭になって引っ越しを考える人、等など、一口に引っ越しと言っても人それぞれの理由があります。
ですが引っ越しにのしかかる負担は、どんな場合でも大きなものです。
特に金銭面での負担は大きなものがあります。
不動産会社に最初に支払う金額は、安くても何十万にもなりますから、頭の痛いところです。
ところで敷金や前家賃と一緒に不動産会社にしはらわれるお金に「礼金」というものがあります。
この礼金とは何なのでしょうか。
何のために支払われるものなのでしょうか。
礼金とは「家を貸して下さってありがとうございます」という意味で、大家さんにわたるお金です。
大家さんはこの礼金の一部を、「入居者を紹介してくれてありがとう」という紹介料として不動産会社に支払います。
つまり不動産会社は入居者の契約が決まると、入居者から仲介手数料がはいります。
さらにそれに加えて大家さんから紹介料も入るわけですね。
ちなみに礼金は、大家さんへの謝意として渡すお金なので、退去時に帰ってくることはありません。
もともと感謝の気持ちを表すお金なのにもかかわらず、その金額が決まっており、それを払わないと賃貸物件に入居出来ないというのは不思議ですね。
ところで敷金は、入居者が退去する時に、修繕費などが引かれて、後々戻ってくるものです。
それなので、最初に不動産会社で値段交渉する時には、敷金を2カ月分から1カ月分にしてくださいというよりは、礼金を安くしてくださいと交渉してみるのがよいでしょう。
案外不動産屋会社も大家さんにかけあってくれて、礼金2カ月分のところを、1カ月分でよいということになるかもしれません。
最近は賃貸の空き物件も増えてきていることから、礼金が少なくても、入居者が入ってくれる方がよいと考える大家さんも多いでしょうから、交渉してもらう価値があります。