賃貸探しの秘訣 物件を探し始めるタイミング

アパートを借りる時の初期費用

お部屋探しをする時に、どこに住むかということと同時に、どれくらい費用がかかるのかというのも大事な点です。
不動産会社でも、だいたいどのエリアで住まいを探しているのか、そして、いくらくらいの予算で探しているのかを聞かれるでしょう。
いったい賃貸アパートやマンションを借りる場合、最初にどれくらいの予算がかかるものなのでしょうか。
まず内訳として、敷金があげられます。
これはだいたい家賃の2カ月分と言われています。
そして礼金ですがこれも、その物件や地域によって差がありますが、家賃の2カ月分くらいです。
そして契約した日から発生する、日割分の家賃です。
さらに、翌月分の家賃です。
最初に翌月分も前払いで支払うのか、と負担に感じるかもしれませんが、家賃はいずれにせよ、払わなくてはならないものなので、それが先に払うか、後に払うかの違いです。
損になるわけではありません。
そして仲介してくれた不動産会社に支払うお金が、家賃の1カ月分発生します。
さらに賃貸住宅の保険料金です。
相場は20,000円前後です。
加入しなくてもよいと感じるかもしれませんが、これは入居者の希望とは関係なく加入することになります。
それから物件によっては、鍵の交換費用が上乗せされます。
前入居者が使用していたのと同じ鍵では安全面で問題があるということなのでしょうか。
鍵を変えてくださいという希望を言う前に、すでに内訳費用として記載されていたりします。
このような内訳で、一般的には初期費用は家賃の5〜6倍必要です。
つまり家賃8万円の賃貸物件なら、40万〜48万もかかるわけですね。
そのまま持ち歩くには、どきどきしてしまうような大きな金額ですね。
これにさらに引っ越し費用が乗ります。
引っ越しを手伝ってくれた人や、お世話になった人へのお礼等の出費もあるかもしれません。
それから新しい家で使う、家電や家具、カーテンなどこまごまとした出費があります。
引っ越しは本当にお金がかかりますよね。